歯石についての情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

歯科治療における歯石除去

歯科治療では歯石除去をする前には、必ず歯と歯肉の溝の深さなどの検査が行われて、ポケットと呼ばれる溝の深さなどを測定します。歯石がたくさんついて炎症を起こしていると溝の深さが深くなり、歯石が取れると溝の深さは浅くなっていくます。除去方法としては、機械で取る場合と、手作業で取る場合の2種類の方法があります。機械の場合は、超音波振動によって粉々に分解して除去し、手作業の場合は、専用の器具で除去していきます。最近では自分で除去する器具なども販売されていますが、歯肉を傷めてしまうことがあるので、無理をしないで歯科医院などで除去してもらうことが勧められます。

歯石除去の必要性について

最近は、定期的に歯科医院で歯石除去をしてもらう人が多くなってきています。歯石は、歯についた汚れが石灰化して固くなったもので歯磨きなどで取ることができません。歯石はそのまま放置しておくと虫歯の原因となります。しかし、それだけではなく歯茎の腫れや出血などが起こる歯肉炎にもなりやすくなってしまいます。それでも放置していると歯槽膿漏となり、最終手段として抜歯になってしまいます。歯石を防ぐには毎日の歯磨きが絶対に欠かせませんが、自分で完全に防ぐことはできないので予防の為に歯科医院でのスケーリングが必要なのです。